歯科コラム|お知らせ

入れ歯治療 |入れ歯が合わない・新しく作って欲しい

更新日:

毛嫌いされがちな入れ歯ですが、ここで改めて入れ歯が合わない・新しく作って欲しいと思うっている患者さまに入れ歯についてご紹介します。

入れ歯とは

失った歯の代わりとして使用する取り外し可能な人工臓器です。

すべての歯を失った場合に作られる入れ歯を「総入れ歯」と呼び、また1本でも歯が残っている状態で作られる入れ歯を「部分入れ歯」と言います。

一般的に総入れ歯は樹脂製の歯と歯茎からなり、部分入れ歯はそれらに加え、残った歯に入れ歯を支えさせるバネや、失った歯の本数や範囲によって様々な大きさ、形態をとります。

入れ歯治療 |入れ歯が合わない・新しく作って欲しい

入れ歯が合わない・新しく作って欲しいという患者さまに「より良い入れ歯」をご提供する前に、入れ歯に関する正しい認識をご説明させていただきます。

入れ歯の利点と欠点

入れ歯の利点

  • 適応範囲の広さ
    入れ歯は前述した通り、たった1本の欠損からすべての歯の欠損まで、いかなる状態でも作ることが可能です。
  • 残った歯をほとんど削らなくて済む
    入れ歯を作る際、残った歯の削る量はブリッジに比べると格段に少なく済みます。
    削ったとしても、入れ歯が沈み込まないようにバネの爪が引っかかる程度の溝を掘ったり、出し入れがし易いように歯の側面の角度を整える程度です。
    ブリッジの場合は、両隣の歯がたとえ全くの健康な歯だったとしても、差し歯が入るように全周を削らないといけません。
  • 修理、修正がし易い
    入れ歯の本体やバネが破損した場合の修理、修正に加え、歯が抜けた、歯茎が痩せた等のお口の中に変化があったとしても、部分的なパーツの取り替え、追加することが簡単にできます。
  • 清掃がし易い
    歯に固定せず取り外しが可能なため、手に持ち、自身の目で見て清掃することが可能です。

入れ歯の欠点

  • 異物感
    入れ歯はブリッジやインプラントと比べ装置自体が大きいため、どうしても慣れるまでは邪魔に感じてしまいます。
    また大きさの合っていない義歯は、発声の妨げになる場合もあります。
  • 残った歯への悪影響
    調整や清掃の行き届いていない入れ歯を使い続ける事で、虫歯の発生や歯周病の悪化の原因となる場合があります。
  • 審美性が悪い
    部分入れ歯には入れ歯が落ちてこないようにバネがついているため、残っている歯の状況によっては見える部分につけざるを得ない場合があり、これが笑った時などに見えてしまうことがあります。
  • 入れ歯の紛失
    頻繁に起こることではありませんが、何かに包んだ際にゴミと間違えて捨ててしまうことがあるようです。
    入れ歯を外す際は、なるべく入れ歯ケースに保管するように心がけてください。

入れ歯の不具合はなぜ起きるのか

主な入れ歯の不具合

  • 歯ぐきに当たって痛い
  • 歯ぐきとの間に食べ物が挟まる
  • 咬めない
  • 緩くて外れてしまう
  • しゃべりづらい
上記は、よく聞く入れ歯に対しての不満です。
なぜこのような不具合が起きてしまうのでしょうか?

入れ歯の不具合の原因

入れ歯の変形

入れ歯はお口の中の湿った環境下で使われることを前提とされた樹脂からできているので、乾燥に弱く、長い期間使わずに放置しておくと、乾燥によって変形してしまうことがあります。

またお食事の際には咬む力や食べ物の温度、酸性、アルカリ性…様々な環境の変化にさらされており、材料的な劣化によっても変形が起こります。

人工歯の摩耗

入れ歯に使われている樹脂製の人工歯は、人の歯より堅くはないため徐々にすり減ってきます。

歯の凹凸がなくなることで物をすりつぶしづらくなり、咬みづらいと感じるようになります。

バネの変形

入れ歯は毎日取り外して掃除をしなければなりません。

部分入れ歯のバネにはかなり丈夫な金属が使われていますが、それでも次第に歪みが出てきます。

バネが歪むと入れ歯をしっかり固定することができず、入れ歯が合わなくなったと感じるようになります。

入れ歯の汚れ

入れ歯にも食べかすや歯垢(デンチャープラーク)が付きます。

汚れた入れ歯を使い続ける事で、残っている歯の周りの歯茎が腫れたり、入れ歯の下の歯茎に炎症が起きる等して、入れ歯と強く当たるようになり痛みが発生します。

お口の変化

あごの骨は日々作り替えらえており、またそれに支えられている歯も少しずつ動いています。

入れ歯の下の骨やバネがかかっている歯は咬むたびに力がかかるため、より大きな変化が起きます。

この変化に合わせて痛みが出る前に定期的な調整を行うことが、入れ歯を長く快適に使う鍵といえるでしょう。

当院の入れ歯治療

いわゆる「良い入れ歯」を製作するためには歯医者と歯科技工士の技量、最適な材料と器材、そして患者さんのご協力が必要不可欠です。

このうちどれか1つでも欠けてしまうと、「いつまでも合わない入れ歯」となってしまいます。

当院の副院長は研修医修了直後から数年間、「入れ歯に特化した診療科」にて研鑽を積んできました。

入れ歯が合わない・新しく作って欲しいという患者さまに対して、今お使いの入れ歯の不具合の改善はもちろんのこと、新しい入れ歯の作製の際には、保険・自費の治療に関わらず手順と材料、器材にこだわりをもって、優秀な歯科技工士とともに、より満足いただける入れ歯治療をご提供いたします。

入れ歯治療お問い合わせ

歯医者さんが教える歯の痛み・悩みの解決方法

no image

歯科コラム|お知らせ

2019/4/22

2019年ゴールデンウィークの休診日のお知らせ

日時 診療休診日 4月29日 休 診 4月30日 通常診療 5月 1日 通常診療 5月 2日 午前診療 5月 3日 休 診 5月 4日 休 診 5月 5日 休 診 5月 6日 休 診 尚、訪問診療は4月29日~5月6日まで休診とさせていただきます。

ReadMore

小児歯科 / 子供の3つの虫歯の原因から歯を守りたい

歯科コラム|お知らせ

2019/3/16

小児歯科 / 子供の3つの虫歯の原因から歯を守りたい

子どもを虫歯にしたくないのは、全ての親御さんの共通の願いだと思います。 なぜ子供が虫歯になってしまうのか、主な3つの原因を紹介します。 子供の3つの虫歯の原因から歯を守りたい。 子供の虫歯の原因1.子供の歯(乳歯)の特徴 子供の歯は大人の歯(永久歯)と比べ、虫歯に弱く、多発し易いという特徴があります。 まず1つめの特徴として、乳歯は永久歯よりも柔らかいため、むし歯菌への抵抗力が弱いことがあげられます。 これは生えたての永久歯にもいえることですが、歯の表層にあるエナメル質は、唾液に含まれるミネラルを取り込む ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2019/3/8

審美歯科治療 / 白い歯にしたい

審美歯科治療 / 白い歯にしたい 審美歯科治療とは ホワイトニングや、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくし、歯や口元のコンプレックスを取り除く総合的な歯科治療です。 また審美歯科治療には、すでに金属などで治療されている部分を白く見た目の良い材料を用いて治療し直すことも含みます。 白い歯・元の歯の色に対しての審美治療 クリーニング 歯科医院で行う歯のクリーニングは、歯科医師や衛生士が専門的な機械を使用して行われることを指します。 歯の表面にこびりついたタバコのヤニや茶渋などの ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2019/1/21

補綴治療|歯が抜けた5つの悪影響と3つの治療法

歯が抜けてしまった場合、そのまま放置していると様々な問題が生じてきます。 「補綴(ほてつ)治療歯科」とは 見た目やかみ合わせを差し歯や入れ歯などの人工の歯で補う治療法のことです。 参照:日本補綴歯科協会 そして、失った歯を何らかの人工物で補う事を「欠損補綴」と言います。 今回は、歯が抜けた場合に「放置した場合の5つの悪影響」と「補綴治療の3つの治療法と利点と欠点」をお伝えいたします。 補綴治療・歯が抜けた!放置した場合の5つの悪影響 歯が抜けたままにしていることによって生じる問題 1.抜けた歯の周囲の歯が ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2019/1/9

訪問診療|歯医者に行きたいけど通えない

宮田歯科医院では、介護施設やご自宅で寝たきりの方、歩行困難な方、入院中で通院できない方など、歯科治療が必要な患者さんに対し「訪問歯科診療」を行っております。 訪問歯科とは 訪問歯科とは歯科医院への通院が困難な方に対して、歯科医師と歯科衛生士がご自宅や各種施設へ歯の治療のためにお伺いすることです。 訪問診療|歯医者 歯医者に行きたいけど通えない。 対象となる方 訪問歯科で治療を受けられる条件は、寝たきりや歩行困難、その他全身疾患が原因で歯科医院への通院が困難であることです。 当院から半径16km圏内であれば ...

ReadMore

予防歯科|健康な歯でいるための5つの歯ブラシのコツ

歯科コラム|お知らせ

2018/12/18

予防対策|健康な歯でいるための6つの歯ブラシのコツ

健康な歯でいたい!一生自分の歯で食べたい! 歯を失わないためには虫歯と歯周病の予防が大切です。 予防対策 予防歯科とは 虫歯や歯周病など、定期的なメインテナンスでクリーニングやブラッシングのチェックを受けることです。 日本では悪くなってから治すことが当たり前となっており、早期発見・早期治療ばかりが重視されてきました。 トラブルが起きてから行う「治療」ではなく、そうなる前の「予防」に重点を置き、歯医者での「プロケア」と、自宅で行う毎日の「セルフケア」の両方を実践しましょう。 プロケア 一般的に歯ブラシの届き ...

ReadMore

入れ歯治療 |入れ歯が合わない・新しく作って欲しい

歯科コラム|お知らせ

2018/12/18

入れ歯治療 |入れ歯が合わない・新しく作って欲しい

毛嫌いされがちな入れ歯ですが、ここで改めて入れ歯が合わない・新しく作って欲しいと思うっている患者さまに入れ歯についてご紹介します。 入れ歯とは 失った歯の代わりとして使用する取り外し可能な人工臓器です。 すべての歯を失った場合に作られる入れ歯を「総入れ歯」と呼び、また1本でも歯が残っている状態で作られる入れ歯を「部分入れ歯」と言います。 一般的に総入れ歯は樹脂製の歯と歯茎からなり、部分入れ歯はそれらに加え、残った歯に入れ歯を支えさせるバネや、失った歯の本数や範囲によって様々な大きさ、形態をとります。 入れ ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2018/12/18

歯周病|口臭が気になる、ハブラシの時に痛い、歯がグラグラする

歯の周りの病気と書いて歯周病 歯周病とは、歯を支えている組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)が細菌によって破壊されていく生活習慣病の1つです。 30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。 歯周病|口臭が気になる、ハブラシの時に痛い、歯がグラグラする 歯周病の初期段階では痛みなどの自覚症状が出にくいため「沈黙の病気」とも呼ばれ、気づかずに治療をせず放っておくとだんだんと歯が揺れるようになり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。 早期発見のためにも、定期的に検診を ...

ReadMore

虫歯治療|歯が痛い、しみる!

歯科コラム|お知らせ

2018/12/18

虫歯治療|歯が痛い、しみる!

歯に何も問題がなければ、しみたり痛みを感じたりすることは基本的にありません。 ご自身で原因を判断することは難しいので、1度歯科に受診されることをお勧めいたします。 歯がしみる、痛いなどの症状 虫歯の症状(歯の痛み方) 冷たいものでしみる、痛い 咬むと痛い 暖かいものでうずく、痛い 何もしなくてもうずく、痛い 上記の歯の痛みは、知覚過敏・虫歯・歯髄炎、根尖性歯周炎・歯の破折などが考えられます。 上記の歯の痛みの原因 ① 冷たいものでしみる、痛い 知覚過敏 虫歯 歯髄炎、根尖性歯周炎 歯の破折 ② 咬むと痛い ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2018/9/14

口腔外科 |親知らずが痛む

Now Making

ReadMore

-歯科コラム|お知らせ
-

Copyright© 佐倉 宮田歯科医院 , 2019 All Rights Reserved.