歯科コラム|お知らせ

審美歯科治療 / 白い歯にしたい

更新日:

審美歯科治療

審美歯科治療 / 白い歯にしたい

審美歯科治療とは

ホワイトニングや、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくし、歯や口元のコンプレックスを取り除く総合的な歯科治療です。

  • また審美歯科治療には、すでに金属などで治療されている部分を白く見た目の良い材料を用いて治療し直すことも含みます。

白い歯・元の歯の色に対しての審美治療

クリーニング

歯科医院で行う歯のクリーニングは、歯科医師や衛生士が専門的な機械を使用して行われることを指します。

歯の表面にこびりついたタバコのヤニや茶渋などの着色、また歯と歯、歯と歯ぐきのすき間など普段の歯磨きでは除去しきれなかった歯垢や歯石を取り除くと同時に、歯の表面を研磨することで、引き締まった歯ぐきや、本来のつやのある白い歯を取り戻します。

また日々のブラッシングでは取り除けない汚れを放置しておくと「虫歯や歯周病の原因」になるため、定期的に歯科医院でクリーニングを受けることを推奨します。

もっと詳しく歯周病

ホワイトニング

ホワイトニングとは、専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで、自分の歯を削ることなく白くするための方法です。

生えてすぐの歯の色は白くきれいですが、誰でも歳をとるにつれ徐々に黄色く変色し、また虫歯などが原因で歯の中の神経を抜いてしまうと、さらに黄ばみは強くでる傾向があります。

クリーニングで取り戻した本来の歯の色に不満があったとき、ホワイトニングを行うことでさらなる審美性の回復が期待できます。

最近流行りのホワイトニングですが、髪のブリーチングと同様に歯にも多少のダメージが残るため一時的な知覚過敏の症状が出たり、色のむらや後戻りが必ず起こること、すでにプラスチックやセラミックで治療されている部位には効果がないことなど、いくつか注意が必要です。

歯を削って行う審美治療

歯を削って行う審美治療

歯を削り、補綴物を用いて歯の色や形を改善する方法です。

歯並びの矯正とは異なり、歯の形を1から作り変えるので治療期間が短く、自由度が大きいといえますが、本来削る必要のない健康な歯を削る必要があります。

また保険診療ではプラスチックや金属でしか認められていない詰め物や被せ物を、見た目が良く、丈夫で体に対して害の少ないセラミック製の補綴物に作り換えることも可能です。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、主に前歯の見える部分の表面を削り、薄いセラミックの薄い板を貼り付けることで、ホワイトニングの効果が出にくい神経を抜いた歯を白くしたり、歯並びのわずかなすき間や形を整えたりといった見た目を改善する目的で行う治療です。

白く透明感のあるセラミックを使用することにより、美しく自然な見た目に仕上がります。

クラウンなどと比べると歯を削る量が少ないということが最大のメリットですが、大きなむし歯があるなどセラミックの板が歯の表面に接着しにくいときは使えず、また歯ぎしりや咬みしめの癖のある人では割れたり、はがれたりする可能性が高いというデメリットもあります。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、セラミック(陶材)製のクラウン(被せ物)のことで、差し歯の一種です。

保険診療で使われるプラスチックや金属製の差し歯では、プラスチック部は時間が経つにつれ変色や劣化が起きたり、金属色が目立ったりと見た目が不自然である場合もございますが・・・

セラミックであれば汚れもつきにくく、天然歯と見間違うほどの美しく自然な見た目な仕上がりになります。

金属を一切使っていないため、金属アレルギーもありません。

ただし衝撃に弱く、金属に比べるとどうしても強度が落ちます。

そのため、かみ合わせの強い部分には選択できない場合もあるのがデメリットです。

値段が高い上に、土台となる歯の削除量が比較的多いのもデメリットと言えます。

メタルボンド

メタルボンドは金属のフレームにセラミックを焼き付けたクラウン(被せ物)、差し歯の一種です。

金属フレームであるため耐久性が高く、強い力が加わる奥歯に適しています。

オールセラミックと比べると、歯を削る削除量が少なめであるという点と、熱伝導率もセラミックと比べて優れている点がメリットといえます。

また強度の強い金属のフレームを使用することで、どの部位にも対応可能です。

セメントの種類を選ばないので、化学物質過敏症の方にも適応できるのは大きなメリットでしょう。

ただ内部が金属である分、見た目の透明感や色調はオールセラミッククラウンに劣り、歯ぐきが痩せることで金属部分が見えたり、金属イオンが溶け出して歯が黒ずんで見えたりすることがあります。

  • 金属を使っているため金属アレルギーの方は使用できません。

白い歯(元の歯の色)審美歯科治療をするにあたって

審美歯科治療は保険診療が効かないため、どうしても費用が高くなる傾向があります。

それぞれの治療法に適応部位があり、また材料の特性によって歯を削る量や強度、身体に対してのアレルギーの有無などのメリット、デメリットが異なります。

当院は皆様の審美的要望と費用、そして身体への影響を総括的に考慮し、納得を頂ける治療法を提案、実施いたします。

審美歯科治療をご希望の方はお気軽にご連絡下さい。

審美歯科治療お問い合わせ

  • その際に、審美歯科治療に関するご希望などをお聞きし、様々なご質問にご対応いたします。

歯医者さんが教える歯の痛み・悩みの解決方法

no image

歯科コラム|お知らせ

2019/4/22

2019年ゴールデンウィークの休診日のお知らせ

日時 診療休診日 4月29日 休 診 4月30日 通常診療 5月 1日 通常診療 5月 2日 午前診療 5月 3日 休 診 5月 4日 休 診 5月 5日 休 診 5月 6日 休 診 尚、訪問診療は4月29日~5月6日まで休診とさせていただきます。

ReadMore

小児歯科 / 子供の3つの虫歯の原因から歯を守りたい

歯科コラム|お知らせ

2019/3/16

小児歯科 / 子供の3つの虫歯の原因から歯を守りたい

子どもを虫歯にしたくないのは、全ての親御さんの共通の願いだと思います。 なぜ子供が虫歯になってしまうのか、主な3つの原因を紹介します。 子供の3つの虫歯の原因から歯を守りたい。 子供の虫歯の原因1.子供の歯(乳歯)の特徴 子供の歯は大人の歯(永久歯)と比べ、虫歯に弱く、多発し易いという特徴があります。 まず1つめの特徴として、乳歯は永久歯よりも柔らかいため、むし歯菌への抵抗力が弱いことがあげられます。 これは生えたての永久歯にもいえることですが、歯の表層にあるエナメル質は、唾液に含まれるミネラルを取り込む ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2019/3/8

審美歯科治療 / 白い歯にしたい

審美歯科治療 / 白い歯にしたい 審美歯科治療とは ホワイトニングや、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくし、歯や口元のコンプレックスを取り除く総合的な歯科治療です。 また審美歯科治療には、すでに金属などで治療されている部分を白く見た目の良い材料を用いて治療し直すことも含みます。 白い歯・元の歯の色に対しての審美治療 クリーニング 歯科医院で行う歯のクリーニングは、歯科医師や衛生士が専門的な機械を使用して行われることを指します。 歯の表面にこびりついたタバコのヤニや茶渋などの ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2019/1/21

補綴治療|歯が抜けた5つの悪影響と3つの治療法

歯が抜けてしまった場合、そのまま放置していると様々な問題が生じてきます。 「補綴(ほてつ)治療歯科」とは 見た目やかみ合わせを差し歯や入れ歯などの人工の歯で補う治療法のことです。 参照:日本補綴歯科協会 そして、失った歯を何らかの人工物で補う事を「欠損補綴」と言います。 今回は、歯が抜けた場合に「放置した場合の5つの悪影響」と「補綴治療の3つの治療法と利点と欠点」をお伝えいたします。 補綴治療・歯が抜けた!放置した場合の5つの悪影響 歯が抜けたままにしていることによって生じる問題 1.抜けた歯の周囲の歯が ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2019/1/9

訪問診療|歯医者に行きたいけど通えない

宮田歯科医院では、介護施設やご自宅で寝たきりの方、歩行困難な方、入院中で通院できない方など、歯科治療が必要な患者さんに対し「訪問歯科診療」を行っております。 訪問歯科とは 訪問歯科とは歯科医院への通院が困難な方に対して、歯科医師と歯科衛生士がご自宅や各種施設へ歯の治療のためにお伺いすることです。 訪問診療|歯医者 歯医者に行きたいけど通えない。 対象となる方 訪問歯科で治療を受けられる条件は、寝たきりや歩行困難、その他全身疾患が原因で歯科医院への通院が困難であることです。 当院から半径16km圏内であれば ...

ReadMore

予防歯科|健康な歯でいるための5つの歯ブラシのコツ

歯科コラム|お知らせ

2018/12/18

予防対策|健康な歯でいるための6つの歯ブラシのコツ

健康な歯でいたい!一生自分の歯で食べたい! 歯を失わないためには虫歯と歯周病の予防が大切です。 予防対策 予防歯科とは 虫歯や歯周病など、定期的なメインテナンスでクリーニングやブラッシングのチェックを受けることです。 日本では悪くなってから治すことが当たり前となっており、早期発見・早期治療ばかりが重視されてきました。 トラブルが起きてから行う「治療」ではなく、そうなる前の「予防」に重点を置き、歯医者での「プロケア」と、自宅で行う毎日の「セルフケア」の両方を実践しましょう。 プロケア 一般的に歯ブラシの届き ...

ReadMore

入れ歯治療 |入れ歯が合わない・新しく作って欲しい

歯科コラム|お知らせ

2018/12/18

入れ歯治療 |入れ歯が合わない・新しく作って欲しい

毛嫌いされがちな入れ歯ですが、ここで改めて入れ歯が合わない・新しく作って欲しいと思うっている患者さまに入れ歯についてご紹介します。 入れ歯とは 失った歯の代わりとして使用する取り外し可能な人工臓器です。 すべての歯を失った場合に作られる入れ歯を「総入れ歯」と呼び、また1本でも歯が残っている状態で作られる入れ歯を「部分入れ歯」と言います。 一般的に総入れ歯は樹脂製の歯と歯茎からなり、部分入れ歯はそれらに加え、残った歯に入れ歯を支えさせるバネや、失った歯の本数や範囲によって様々な大きさ、形態をとります。 入れ ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2018/12/18

歯周病|口臭が気になる、ハブラシの時に痛い、歯がグラグラする

歯の周りの病気と書いて歯周病 歯周病とは、歯を支えている組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)が細菌によって破壊されていく生活習慣病の1つです。 30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。 歯周病|口臭が気になる、ハブラシの時に痛い、歯がグラグラする 歯周病の初期段階では痛みなどの自覚症状が出にくいため「沈黙の病気」とも呼ばれ、気づかずに治療をせず放っておくとだんだんと歯が揺れるようになり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。 早期発見のためにも、定期的に検診を ...

ReadMore

虫歯治療|歯が痛い、しみる!

歯科コラム|お知らせ

2018/12/18

虫歯治療|歯が痛い、しみる!

歯に何も問題がなければ、しみたり痛みを感じたりすることは基本的にありません。 ご自身で原因を判断することは難しいので、1度歯科に受診されることをお勧めいたします。 歯がしみる、痛いなどの症状 虫歯の症状(歯の痛み方) 冷たいものでしみる、痛い 咬むと痛い 暖かいものでうずく、痛い 何もしなくてもうずく、痛い 上記の歯の痛みは、知覚過敏・虫歯・歯髄炎、根尖性歯周炎・歯の破折などが考えられます。 上記の歯の痛みの原因 ① 冷たいものでしみる、痛い 知覚過敏 虫歯 歯髄炎、根尖性歯周炎 歯の破折 ② 咬むと痛い ...

ReadMore

歯科コラム|お知らせ

2018/9/14

口腔外科 |親知らずが痛む

Now Making

ReadMore

-歯科コラム|お知らせ
-

Copyright© 佐倉 宮田歯科医院 , 2019 All Rights Reserved.